コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南無阿弥陀仏作善集 なむあみだぶつさぜんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

なむあみだぶつさぜんしゅう【南無阿弥陀仏作善集】

鎌倉時代初期の東大寺再建に活躍した俊乗房重源(ちようげん)(南無阿弥陀仏)が,造寺・造仏・写経・法会遂行等にわたるみずからの作善活動の事跡を,備忘録風に書き上げたもの。本書は1203年(建仁3)造営料国備前国衙より東大寺に送付された散用状の紙背に,重源みずから墨書したもので,美術史,建築史にも重要な素材を提供する。東大寺勧進所に伝来し,東京大学史料編纂所に現蔵される。【永村 真】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android