南無阿弥陀仏(読み)なむあみだぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「南無阿弥陀仏」の解説

南無阿弥陀仏
なむあみだぶつ

阿弥陀仏に対して敬礼する」という。6字から成るので,これを六字名号 (みょうごう) と称するが,同じ阿弥陀仏に対する帰依を表わした「南無不可思議光如来」を九字名号,「帰命尽十方無礙光如来」を十字名号などという。古くから,南無阿弥陀仏の文字の解釈には種々のがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の南無阿弥陀仏の言及

【念仏】より

…前者を観想念仏といい,後者を称名(しようみよう)念仏という。念仏には釈迦,薬師,弥勒,観音などの念仏もあるが,阿弥陀仏の念仏が代表的で,ふつう念仏といえば,阿弥陀仏の相好やその誓願のことを憶念したり,〈南無阿弥陀仏〉の6文字の名号を口に唱えることをいう。阿弥陀信仰が興隆し,西方極楽浄土へ往生したいとの願望が強まるにつれ,念仏が往生のためには必須の行業であると考えられた。…

※「南無阿弥陀仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android