コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南町奉行 ミナミマチブギョウ

大辞林 第三版の解説

みなみまちぶぎょう【南町奉行】

江戸町奉行の一。奉行所が北町奉行に対して南に位置したのでいう。数度移転したが、宝永(1704~1711)以降は数寄屋橋にあった。 → 江戸町奉行

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

南町奉行の関連キーワード烏亭焉馬(2代)いろは四十八組享保撰要類集北町奉行所大岡政談物悪夢の使者矢車剣之助遠山金四郎筒井政憲名人長二植木 等鳥居耀蔵宮内知美跡部良弼村上義礼原 胤昭大岡忠相野狐三次安倍川餅撰要類集

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南町奉行の関連情報