コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南米国家共同体 なんべいこっかきょうどうたい Comunidad Sudamericana de Naciones(西)

1件 の用語解説(南米国家共同体の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

南米国家共同体

欧州連合(EU)をモデルに、南米大陸のほぼ全域を網羅する政治、経済での統合組織。2004年12月にペルーで開催した南米12カ国の首脳会議の宣言で打ち出された。南米南部共同市場アンデス共同体が母体となり「単一通貨、同一パスポート、一つの議会」の国家統合を目指す。統合が実現すれば、フランス領ギアナを除く南米全域に、人口約3億8000万人の国家連合が生まれることになる。

(伊藤千尋 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南米国家共同体の関連キーワードローマ条約ヨーロッパ連合欧州連合条約EEA欧州会計監査院欧州連合理事会ヨーロッパ議会 (European Parliament)欧州議会内会派アフリカ連合(AU)アジア欧州会議(ASEM)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone