コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南華 ナンカ

デジタル大辞泉の解説

なんか〔ナンクワ〕【南華】

南華真経」の略。
の寓話には変わったものが多いところから》変わり者。変人。また、とりとめもないことを言う者。
「うつけたる者を今も―と名付くるなり」〈仮・浮世物語・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんか【南華】

「南華真経」の略。
〔「荘子」の寓話に奇抜な仮構が多いことから〕 変わり者。また、うそつき。 「只うつけたる者を今も-と名付くるなり/仮名草子・浮世物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android