コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寓言 グウゲン

世界大百科事典 第2版の解説

ぐうげん【寓言】

俳諧用語。中国古代の哲学者荘子言論を,〈源氏物語寓言説〉にならって俳諧に適用し,非論理の滑稽を事とする談林俳諧を理論的に裏付けようと試みたもの。主唱者岡西惟中(いちゆう)の《俳諧蒙求(もうぎゆう)》(1675)に,〈大小をみだり,寿夭をたがへ,虚を実にし,実を虚にし,是なるを非とし,非なるを是とする荘子が寓言(略)全く俳諧の俳諧たるなり〉とあり,日常的な価値観の逆転が生み出す滑稽を俳諧の本質とみたらしいが,上記に続けて〈しかあれば,思ふままに大言をなし,かいでまはるほどの偽を言ひ続くるを,この道の骨子と思ふべし〉と述べることからもうかがわれるとおり,惟中の寓言理解は表現の皮相にとどまっていたかに思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐうげん【寓言】

他の物事や架空の物事に仮託して、教訓・思想などを述べた言葉。たとえばなし。 「人生を看破みやぶつた-らしい/社会百面相 魯庵
室町時代の源氏物語観を受け継いだ、江戸時代の俳諧・小説・戯作本質論。特に談林俳諧の岡西惟中により主唱された理念だが、滑稽奇抜さを重視した偏ったものだった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寓言の関連キーワード偶・宮・寓・遇・隅俳句(文学)フェーブル大淀三千風社会百面相賀茂真淵春雨物語佚斎樗山上田秋成三釜の養室町時代案ずるに江戸時代三千風馮雪峰俳論聖憲八体魯庵看破