南蛮学(読み)なんばんがく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南蛮学
なんばんがく

戦国時代から江戸時代の初め、いわゆるキリシタン時代に南蛮人(ポルトガル人・スペイン人などの西洋人)によって日本に伝えられた西洋の学術。蛮学ともいわれた。多くはキリスト教宣教師、イエズス会士によって、キリスト教の布教とともにもたらされた。その分野は、神学関係以外では、医学・天文学・地理学などの自然科学、また印刷術や画法などの技術などであった。なお広義には、中国の明清(みんしん)天主教とともに発展したヨーロッパ的科学思想で日本に流入したものも含める。キリスト教の禁止・弾圧、鎖国により南蛮学もしだいに衰えたが、やがてオランダ人を通じての蘭学(らんがく)の勃興(ぼっこう)と発展の先駆としての役割を果たした学術として評価される。[内田 謙]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の南蛮学の言及

【洋学】より

…江戸時代に移植・研究された西洋学術の総称。西洋学術の移植・研究がはじまるのはキリシタン時代で,当時それは〈南蛮学〉または〈蛮学〉とよばれた。ポルトガル,スペインなどの南蛮国から渡来した学術という意味である。…

※「南蛮学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android