コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部俊三郎 なんぶ しゅんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部俊三郎 なんぶ-しゅんざぶろう

1831-1867 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年1月26日生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国藩士。藩校養老館で二宮錦水(きんすい)らにまなぶ。慶応2年建尚隊を組織。柱島に流されていた東沢瀉(ひがし-たくしゃ)をすくい,尊攘(そんじょう)のために決起しようとして発覚,慶応3年8月23日処刑された。37歳。名は裕。字(あざな)は君綽。号は五竹,白雲洞。名は「としさぶろう」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南部俊三郎の関連キーワード渡辺重石丸イギリス領北アメリカ条例ルコック探偵ゴローブニンジョードンバードハラタママイヨメイランワグネル

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android