コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柱島 はしらじま

3件 の用語解説(柱島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柱島
はしらじま

山口県南東部にある島。広島湾に浮び,岩国市の南東沖合い約 25kmにある。島の一部は瀬戸内海国立公園に属する。かつては岩国藩領で,いまも近くの大島 (屋代島) とは異なる民俗を伝えている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はしらじま【柱島】

安芸灘に浮かぶ面積3.1km2の小島。花コウセン緑岩からなる。山口県岩国市に属し,岩国港から南東へ26km,1日3往復の船便がある。人口320(1995)。古くは京都上賀茂神社領,中世は伊予忽那(くつな)水軍勢力下の忽那七島の一つであった(忽那諸島)。近世には,周辺の端(は)島などをあわせ12島が柱島として一括され,岩国領。漁業のほかに製塩が行われていた。現在,農業はミカン栽培,漁業は小型底引網流し刺網が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柱島
はしらじま

山口県南東部の安芸灘(あきなだ)にある島。岩国市に属し、岩国港から26キロメートルの離島で、面積3.12平方キロメートル、人口220(2009)。近くに端島(はしま)(面積0.67平方キロメートル、人口48)や小柱島、手島、保高(ほだか)島などがあって、大小12の島群をなす。中世には伊予忽那(いよくつな)水軍に属し、近世には岩国吉川(きっかわ)氏の所領であった。1726年(享保11)の記録には、柱島の家数89軒、人口505、船数12とある。島内はよく耕地化され、ミカン園が多い。漁業は小型底引網や流し刺網、一本釣りが盛ん。島の沖合いは第二次世界大戦中、連合艦隊の停泊地で、戦艦陸奥(むつ)が爆発沈没したことで知られ、南端の州鼻に戦艦陸奥英霊之墓がある。北岸島尻(しまじり)の砂浜海岸は夏海水浴客でにぎわう。岩国港から定期船が運航している。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柱島の言及

【忽那諸島】より

…ほとんどの島が愛媛県温泉郡中島町を形成する。このうち中島,睦月島,野忽那島,怒和(ぬわ)島,津和地島,二神島と柱島(山口県)はかつて忽那七島と呼ばれ,南朝方についた忽那氏の勢力範囲であったが,現在は柱島にかえて興居(ごご)島(松山市)を加え,忽那七島とする。七島のほか釣(つる)島(松山市),由利島,大館場(おおたちば)島,クダコ島など20余の島が含まれ,興居島を除いて離島振興法指定地域である。…

※「柱島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柱島の関連キーワードパロス島浮かぶ瀬隠岐心に浮かぶ目に浮かぶ思い浮ぶ胸に浮かぶ復讐はワイングラスに浮かぶ山形県酒田市飛島大黒島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柱島の関連情報