コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東沢瀉 ひがし たくしゃ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東沢瀉 ひがし-たくしゃ

1832-1891 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)3年10月9日生まれ。二宮錦水,佐藤一斎にまなび,岩国藩の藩校養老館でおしえる。尊攘(そんじょう)論をとなえ必死組を組織し,流罪となる。維新後は沢瀉塾をひらいた。明治24年3月28日死去。60歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は正純。字(あざな)は崇一。通称は崇一郎。著作に「証心録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東沢瀉の関連キーワード南部俊三郎明治時代栗栖天山東崇一陽明学幕末儒者天保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android