コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部信恩 なんぶ のぶおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部信恩 なんぶ-のぶおき

1678-1707 江戸時代前期の大名。
延宝6年9月22日生まれ。南部行信(ゆきのぶ)の7男。七戸(しちのへ)城代をへて,元禄(げんろく)15年陸奥(むつ)盛岡藩主南部家6代となる。翌年先代からの儒臣を排除し儒学の弊をあらためたが,同年の大凶作と江戸大地震で破損した藩邸修理などで財政は窮乏した。宝永4年12月8日死去。30歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

南部信恩の関連キーワード南部利幹南部利視

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android