コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部光行 なんぶ みつゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部光行 なんぶ-みつゆき

?-1215 鎌倉時代の武将。
加賀美遠光(とおみつ)の3男。陸奥(むつ)南部氏の祖。源頼朝につかえ,文治(ぶんじ)5年頼朝の奥州攻めの軍にしたがい戦功をたて,陸奥糠部(ぬかのぶ)郡などをあたえられる。承久(じょうきゅう)3年三戸(さんのへ)城(青森県)をきずいた。建保(けんぽ)3年11月死去。通称は三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

南部光行

生年:生没年不詳
鎌倉前期の武将。甲斐源氏加賀美遠光の子。甲斐国(山梨県)巨摩郡南部郷が本領。文治5(1189)年,源頼朝に従い奥州藤原氏の討伐に参加。その勲功により陸奥国糠部郡を拝領したとされる。その子孫が戦国大名南部氏に成長する。

(三田武繁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

南部光行の関連キーワード南部(青森県東半部と岩手県和賀川以北)南部(青森県)櫛引八幡宮鎌倉時代浅瀬石城

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南部光行の関連情報