コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部牛追い唄 ナンブウシオイウタ

3件 の用語解説(南部牛追い唄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんぶ‐うしおいうた〔‐うしおひうた〕【南部牛追い唄】

岩手県の民謡。西和賀(にしわが)町沢内地方の米を牛の背にのせ、南部藩の米蔵のある盛岡などに運ぶ際に牛方たちが歌ったもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんぶうしおいうた【南部牛追い唄】

岩手県の民謡で、仕事唄。和賀郡西和賀町沢内地区から盛岡や黒沢尻にある南部藩の米蔵まで、米を運ぶ牛方たちが唄ったもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南部牛追い唄
なんぶうしおいうた

岩手県の民謡。秋田県境に沿って高い山々に囲まれた沢内(さわうち)盆地もまた南部藩の穀倉地帯だった。この沢内地方でとれた米は、牛の背にのせられ、藩の米倉のある盛岡などに運び込まれていた。その際牛方たちが歌った道中唄である。この唄の源流は明確でないが、もとは南部領一円で広く歌われ、いまの青森県三戸(さんのへ)郡から、秋田県鹿角(かづの)郡、岩手県和賀郡や上閉伊(かみへい)郡、下閉伊郡あたりまで歌われていた。唄には明るさのなかに一種の哀愁感が漂い、おおどかさもあって広く親しまれ、民謡の名曲の一つとして全国的に知れわたっている。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南部牛追い唄の関連キーワード岩手県和賀郡西和賀町沢内岩手県和賀郡西和賀町沢内太田岩手県和賀郡西和賀町沢内大野岩手県和賀郡西和賀町沢内貝沢岩手県和賀郡西和賀町沢内川舟岩手県和賀郡西和賀町沢内猿橋岩手県和賀郡西和賀町沢内新町岩手県和賀郡西和賀町沢内弁天岩手県和賀郡西和賀町沢内前郷岩手県和賀郡西和賀町沢内若畑

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone