コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部牛追い唄 ナンブウシオイウタ

デジタル大辞泉の解説

なんぶ‐うしおいうた〔‐うしおひうた〕【南部牛追い唄】

岩手県の民謡。西和賀(にしわが)町沢内地方の米を牛の背にのせ、南部藩の米蔵のある盛岡などに運ぶ際に牛方たちが歌ったもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なんぶうしおいうた【南部牛追い唄】

岩手県の民謡で、仕事唄。和賀郡西和賀町沢内地区から盛岡や黒沢尻にある南部藩の米蔵まで、米を運ぶ牛方たちが唄ったもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南部牛追い唄
なんぶうしおいうた

岩手県の民謡。秋田県境に沿って高い山々に囲まれた沢内(さわうち)盆地もまた南部藩の穀倉地帯だった。この沢内地方でとれた米は、牛の背にのせられ、藩の米倉のある盛岡などに運び込まれていた。その際牛方たちが歌った道中唄である。この唄の源流は明確でないが、もとは南部領一円で広く歌われ、いまの青森県三戸(さんのへ)郡から、秋田県鹿角(かづの)郡、岩手県和賀郡や上閉伊(かみへい)郡、下閉伊郡あたりまで歌われていた。唄には明るさのなかに一種の哀愁感が漂い、おおどかさもあって広く親しまれ、民謡の名曲の一つとして全国的に知れわたっている。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例