沢内(読み)さわうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沢内
さわうち

岩手県南西部,西和賀町北部の旧村域。和賀川上流域に位置する。奥羽山脈の山懐にいだかれ,真昼山地の東麓にあり,西は秋田県に接する。 1889年村制。 2005年湯田町と合体して西和賀町となった。地名は江戸時代盛岡藩の行政区域名,沢内通に由来する。江戸時代は沢内代官所があり,米どころであったが,高冷地のため冷害も多かった。農業の多角化が進むなか,花卉園芸,酪農も行なわれている。住民,行政をあげて地域保健医療に取り組んでいることで全国的に知られている。碧祥寺には古い民具やまたぎに関する資料を集めた博物館があり,「沢内の丸木舟」「マタギの狩猟用具」「沢内及び周辺地域の積雪期用具」は国の重要有形民俗文化財に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沢内
さわうち

岩手県南西部、和賀(わが)郡にあった旧村名(沢内村(むら))。現在は西和賀(にしわが)町の北部を占める地域。2005年(平成17)同郡湯田(ゆだ)町と合併して西和賀町となった。秋田県に接する奥羽山脈中の山村であるが、旧村域の中央部には和賀川上流がつくる沢内盆地がある。江戸時代は新町に沢内代官所が置かれ、沢内甚句に「沢内三千石お米の出どこ」と歌われたように、南部藩の隠し田として重要であった。現在は米作のほか、林業、山菜加工、畜産が行われる。ブルドーザーによる除雪でバス運行を図る豪雪地帯であるが、老人医療費無料化、生活習慣病(成人病)総合検診などが行われてきた。重要有形民俗文化財のまたぎ資料を集めた碧祥寺(へきしょうじ)博物館がある。[川本忠平]
『高橋子績著『沢内風土記』(1976・沢内村郷土史研究会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沢内の関連情報