南部重直(読み)なんぶ しげなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部重直 なんぶ-しげなお

1606-1664 江戸時代前期の大名。
慶長11年3月9日生まれ。南部利直(としなお)の3男。寛永9年陸奥(むつ)盛岡藩主南部家3代となる。気性がはげしく,独裁政治をおこなう。13年参勤日時遅延などの理由で閉門謹慎を命じられる。寛文4年9月12日59歳で死去したが,跡継ぎがきまっていなかったため藩領は盛岡藩と八戸(はちのへ)藩に分割された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

南部重直

没年:寛文4.9.12(1664.10.30)
生年:慶長11.3.9(1606.4.16)
江戸前期の盛岡藩(岩手県)藩主。名は権平,のち正直と称し重直と改名。利直の3男として江戸桜田邸で生まれる。母は蒲生氏郷養女。元和4(1618)年山城守となり,寛永9(1632)年襲封。13年参勤日数延引,新丸増築などにより閉門謹慎。慶安4(1651)年釜津田甚六の開鑿による大鹿妻堰工事を完成させる。暴君といわれたが,それは領主権力の確立をはかるためであった。寛文4(1664)年嗣子未決定のまま江戸桜田邸で没したため,藩領10万石は,盛岡藩8万石(藩主は弟の重信)と八戸藩2万石(同,直房)に分割された。盛岡聖寿寺に埋葬。<参考文献>菊池悟郎編『南部史要』

(細井計)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android