コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部重直 なんぶ しげなお

2件 の用語解説(南部重直の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部重直 なんぶ-しげなお

1606-1664 江戸時代前期の大名。
慶長11年3月9日生まれ。南部利直(としなお)の3男。寛永9年陸奥(むつ)盛岡藩主南部家3代となる。気性がはげしく,独裁政治をおこなう。13年参勤日時遅延などの理由で閉門謹慎を命じられる。寛文4年9月12日59歳で死去したが,跡継ぎがきまっていなかったため藩領は盛岡藩と八戸(はちのへ)藩に分割された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

南部重直

没年:寛文4.9.12(1664.10.30)
生年:慶長11.3.9(1606.4.16)
江戸前期の盛岡藩(岩手県)藩主。名は権平,のち正直と称し重直と改名。利直の3男として江戸桜田邸で生まれる。母は蒲生氏郷養女。元和4(1618)年山城守となり,寛永9(1632)年襲封。13年参勤日数延引,新丸増築などにより閉門謹慎。慶安4(1651)年釜津田甚六の開鑿による大鹿妻堰工事を完成させる。暴君といわれたが,それは領主権力の確立をはかるためであった。寛文4(1664)年嗣子未決定のまま江戸桜田邸で没したため,藩領10万石は,盛岡藩8万石(藩主は弟の重信)と八戸藩2万石(同,直房)に分割された。盛岡聖寿寺に埋葬。<参考文献>菊池悟郎編『南部史要』

(細井計)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南部重直の関連キーワード渋民盛岡大学盛岡城小本村斎太久保田礼斎佐藤昌蔵富田小一郎南部利直南部直房三田義正