八戸(読み)ハチノヘ

大辞林 第三版の解説

はちのへ【八戸】

青森県南東部、太平洋に面する市。江戸時代、南部氏二万石の城下町。東北地方東岸屈指の港を持ち、漁業や水産業が盛ん。肥料・鉄鋼業などが立地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はちのへ【八戸】

青森県南東部の地名。江戸時代は盛岡藩支藩南部氏二万石の城下町として発展。製紙・セメント・鉄鋼などの諸工業が行なわれる。八戸港は全国有数の漁業基地でもあり、水産加工業も盛ん。昭和四年(一九二九)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八戸の関連情報