コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独裁政治 ドクサイセイジ

デジタル大辞泉の解説

どくさい‐せいじ〔‐セイヂ〕【独裁政治】

特定の個人・党派・階級・身分などの少数者が国家権力を独占し、恣意(しい)的に行う政治。ローマ時代では非常事態に対処するために任命された統治者による政治の形態であったが、現代ではナチズムファシズムスターリンなどの政治や第三世界の国に見られる軍部による政治などがこれにあたる。→全体主義専制政治

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どくさいせいじ【独裁政治】

民主的手続きを否定し、統治者の独断によって行われる政治。操作による大衆の動員・参加を前提にする点で、身分制を基礎にした専制政治とは異なる。古代ローマの戦時または非常時における独裁官による政治、イタリアのファシズム、ドイツのナチズムがその典型とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の独裁政治の言及

【専制政治】より

…支配者と被治者とは完全に断絶しており,被治者の政治過程への関与は否定される。独裁政治とは,被治者の政治過程への関与の有無によって区別される。古代オリエント世界においては,通常,君主の地位は世襲され,君主は単に政治的な権力を独占していただけではなく,神の子あるいは神の化身として,神格化されていた。…

※「独裁政治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

独裁政治の関連情報