コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部麒次郎 なんぶきじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南部麒次郎
なんぶきじろう

[生]明治2(1869).2.21. 佐賀
[没]1949.5.1. 東京
兵器発明家。陸軍中将。三八式歩兵銃の考案作製者。三年式機関銃,十一年式軽機関銃,南部式自動拳銃,九四式将校用拳銃,九六式軽機関銃,南部式空包機関銃など,旧日本軍の制式小火器のほとんどを発明した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部麒次郎 なんぶ-きじろう

1869-1949 明治-大正時代の軍人。
明治2年2月21日生まれ。父は肥前佐賀藩の砲術家。東京砲兵工廠(こうしょう)小銃製造所長,陸軍科学研究所長をつとめた。大正11年陸軍中将。南部式拳銃(けんじゅう),三八式歩兵銃などの設計者として知られる。昭和24年5月1日死去。81歳。陸軍士官学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南部麒次郎の関連キーワード九九式軽機関銃大正時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android