東京砲兵工廠(読み)とうきょうほうへいこうしょう

百科事典マイペディアの解説

東京砲兵工廠【とうきょうほうへいこうしょう】

旧幕府の関口大砲製作所を受け継いだ日本陸軍の兵器工廠。小石川の旧水戸藩邸跡に建設され,小銃を主体とする兵器の製造を行った。1871年から,1923年の関東大震災により甚大な被害を受け,機能を小倉工廠に移転するまで操業した。後に板橋火薬製造所,岩鼻火薬製造所,十条兵器製造所など関東の陸軍兵器工場を管下においた。跡地は庭園や東京ドームなどのレジャー施設になっており,小石川後楽園には弾丸製造機械など砲兵工廠の遺構が保存され,記念碑も建てられている。
→関連項目兵器廠

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の東京砲兵工廠の言及

【軍工廠】より

…両者とも,明治維新政府が旧幕府,西南雄藩が建設した造船所,兵器工場を接収および新設して出発した。陸軍は東京砲兵工廠(1868年,小銃製造中心,幕府の関口製作所が母体),大阪砲兵工廠(1870年,火砲製造中心,長崎製鉄所の機械と職工を大阪城内に移した造兵司が母体)を起点とし,修理と輸入品の模造をおこないつつ,欧米から労働手段・技術を輸入して,1887‐90年には一定の兵器の量産が可能となり,村田銃(十三年式(明治13年)→十八年式→連発銃(明治22年)と改良),7センチ後装式野砲・山砲はこの時期の技術的到達点を示している。海軍は旧幕府が建設していた横須賀造船所等を接収して,1872年に海軍省直轄とし,74年に海軍兵器製造所を東京築地に新設(工部省赤羽工作分局の機械等を移し,1897年より海軍造兵廠と称する)。…

※「東京砲兵工廠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android