三八式歩兵銃(読み)さんぱちしきほへいじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三八式歩兵銃
さんぱちしきほへいじゅう

1905年に陸軍砲兵工廠小銃製造所長の南部麒次郎少佐によってつくられた小銃。第2次世界大戦が終るまで,旧陸軍で最も多く使われた。村田銃,三十年式小銃を改良したもので,口径 6.5mm,重量 3.95kg,最大射程 2400m,装弾数5発で,銃剣をつけて槍のように使うというねらいから長さが 128cmあった。明治 38年に制式化されたので三八式という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんぱちしき‐ほへいじゅう【三八式歩兵銃】

明治38年(1905)に採用された旧日本陸軍の歩兵用小銃。口径6.5ミリ、最大射程2400メートルで5連発。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三八式歩兵銃【さんぱちしきほへいじゅう】

1905年(明治38年)日本陸軍制定の小銃。ドイツのモーゼル銃に範をとったもので,口径は小さく弾丸威力に難はあったが命中精度はよく傑作と称された。口径6.5mm,銃身長0.765m,全長1.286m,重さ3.97kg,初速732m/秒,射程2400m。装弾5発。1939年(皇紀2599年)に採用された口径7.7mmの九九式小銃に徐々に代えられていったが,第2次大戦でも使用された。→村田銃
→関連項目騎兵銃

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぱちしきほへいじゅう【三八式歩兵銃】

1905年(明治38)制定の旧日本軍の小銃で,第2次大戦終了まで使用された。旧日本陸軍は1880年より村田経芳の開発した十三年式村田銃,十八年式村田銃,二十二年式村田銃を採用してきたが(村田銃),これにかえ1897年(明治30)に有坂成章の開発した三十年式歩兵銃を採用した。三八式歩兵銃は,日露戦争の主戦兵器である三十年式歩兵銃を改良したもので,口径6.5mm,銃身長1575mm,槓桿こうかん)操作方式(ボルトアクション),5連発であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんぱちしきほへいじゅう【三八式歩兵銃】

小銃の一。明治38年に採用された旧陸軍の歩兵銃。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三八式歩兵銃
さんぱちしきほへいじゅう

日露戦争に使用して故障が多かった三十年式歩兵銃を改良して、戦後の1905年(明治38)に制定された旧日本陸軍の小銃。制式には三十八年式歩兵銃という。口径6.5ミリ、最大照尺2400メートル、槓桿(こうかん)式(ボルトアクション)、5連発。制定以来、太平洋戦争終期まで軍用または学校教練用に使われたので、日本の軍用小銃のなかではもっとも採用期間が長い。軍隊内では兵器尊重の意味から薬室上部に菊花紋が打刻されていた。のち騎・砲兵用に短銃身の三八式騎銃も制定された。海外では、同銃の開発を担当した東京砲兵工廠(こうしょう)長、有坂成章(なりあきら)中将にちなんでアリサカライフルという。[小橋良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三八式歩兵銃の関連情報