コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南里有鄰 なんり ゆうりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南里有鄰 なんり-ゆうりん

1812-1864 江戸時代後期の国学者,歌人。
文化9年1月11日生まれ。肥前佐賀藩士。父にしたがい江戸にいき,塙保己一(はなわ-ほきいち)がひらいた和学講談所にまなぶ。天保(てんぽう)11年藩校弘道館和学寮教授となった。私塾本教館をひらいて国学,和歌をおしえた。元治(げんじ)元年10月14日死去。53歳。名は元易,居易。別号に松門。著作に「神理十要」「肥前旧事」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

南里有鄰

没年:元治1.10.14(1864.11.13)
生年:文化9.1.11(1812.2.23)
江戸後期の国学者。肥前(佐賀)藩士。通称伝作。名は元易,居易,号は松門。佐賀藩校弘道館教授十蔵元寿の子。若いころ父と共に江戸で塙塾に国学を学んだ。天保9(1838)年,27歳のとき帰藩,11年,弘道館和学寮教授。私塾本教館でも国学和歌を教え,副島種臣も学んだという。長崎警備出役のため長崎に出向くことも多かった。古学神道家として本居宣長,平田篤胤の古学神道に影響を受けるが,哲学的思考を特徴とし,活眼をもって神典に神理を読むと自ら述べた。『真教概論』『神伝広意』にその思想をうかがうことができるが,キリスト教の影響も大きいとされる。<参考文献>村岡典嗣「南里有鄰の神道思想」(『日本思想史研究』)

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

南里有鄰の関連キーワード元治赤尾丹治ゴンチャロフティチングピールボロジノ洪景来の乱シュレーゲル(兄弟)ボロジノの戦い内山隆佐

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone