コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南高北低の気圧型 なんこうほくていのきあつがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南高北低の気圧型
なんこうほくていのきあつがた

日本の南の海上に高気圧気圧の尾根があり,日本の北に低気圧のある気圧配置。この場合,日本付近では南寄りの風が吹き,気温が上がり晴れた天気となる。夏期はこの気圧配置が長く続く。(→気圧西高東低の気圧型

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android