コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気圧の尾根 きあつのおねridge

翻訳|ridge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気圧の尾根
きあつのおね
ridge

天気図において,高気圧の中心から細長く延びた気圧の高い部分。そのなかで最も気圧の高いところを結んだ線を峰線(リッジライン)という。気圧の峰付近には下降気流があり,雲は消散し天気がよくなる。(→気圧の谷

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きあつ‐の‐おね〔‐をね〕【気圧の尾根】

天気図で、高気圧の中心からU字状に細長く伸びている高圧部。気圧の峰。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

気圧の尾根【きあつのおね】

等圧線形式の一種。高気圧の中心から細長くのびた気圧の高い部分。気圧の峰ともいう。上空の偏西風帯中ではほぼ南北にのび,気圧の谷と交互に並んで東進し,その東側の地上に移動性高気圧を伴うことが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

気圧の尾根の関連キーワードオホーツク海高気圧南高北低の気圧型Ciストリーク三波型気圧配置亜熱帯高気圧気圧配置寒波

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android