コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単独審議 たんどくしんぎunilateral deliberation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単独審議
たんどくしんぎ
unilateral deliberation

特定の会派が単独で委員会や本会議を開き,その会派だけで審議を行なうこと。対決法案などの審議に当たって,野党すべてが審議拒否を行なった場合,法案成立を急ぐ与党が単独審議を行なうことがある。 1960年代までの与野党対決期には,与党による単独採決とともに頻繁に行なわれた。ただ,単独審議や単独採決は,成立した議案の正当性が損なわれ,世論の批判を浴びるため,与党は野党の一部を審議に参加させる努力を行なう傾向が強く,単独審議は最後の手段とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone