コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単純ヘルペス角膜炎(角膜ヘルペス) たんじゅんへるぺすかくまくえんかくまくへるぺすHerpes Simplex Keratitis

1件 の用語解説(単純ヘルペス角膜炎(角膜ヘルペス)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

たんじゅんへるぺすかくまくえんかくまくへるぺす【単純ヘルペス角膜炎(角膜ヘルペス) Herpes Simplex Keratitis】

[どんな病気か]
 角膜神経に単純ヘルペスウイルスが感染しておこる病気です。単純ヘルペスウイルスはふつう神経内に潜伏していますが、発熱、感冒(かんぼう)、ストレス紫外線などの誘因によって活性化され、神経を下降してきて角膜に炎症をおこすのです。
[症状]
 発病初期はまぶたの裏がごろごろして、涙が出て止まらず、まぶしい、ものが見えにくいなどの症状が現われます。角膜の表面には樹木の枝のような傷(樹枝状潰瘍(じゅしじょうかいよう))がみられ、この典型的な病変によって角膜ヘルペスと診断がつきます。
 完全には治りにくく、いったん軽快しても再発しやすい特徴があります。また、再発をくり返していると角膜に濁りが残り、視力が低下していきます。
[治療]
 抗ウイルス薬アシクロビル眼軟膏(がんなんこう)がよく効きます。ほかにIDU点眼薬も有効です。角膜炎を何度も再発して視力が著しく低下しても、角膜移植手術(「角膜移植とアイバンク」)で治る可能性がありますので、眼科専門医に相談してみてください。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone