コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単純ヘルペス角膜炎(角膜ヘルペス) たんじゅんへるぺすかくまくえんかくまくへるぺすHerpes Simplex Keratitis

家庭医学館の解説

たんじゅんへるぺすかくまくえんかくまくへるぺす【単純ヘルペス角膜炎(角膜ヘルペス) Herpes Simplex Keratitis】

[どんな病気か]
 角膜神経に単純ヘルペスウイルスが感染しておこる病気です。単純ヘルペスウイルスはふつう神経内に潜伏していますが、発熱、感冒(かんぼう)、ストレス、紫外線などの誘因によって活性化され、神経を下降してきて角膜に炎症をおこすのです。
[症状]
 発病初期はまぶたの裏がごろごろして、涙が出て止まらず、まぶしい、ものが見えにくいなどの症状が現われます。角膜の表面には樹木の枝のような傷(樹枝状潰瘍(じゅしじょうかいよう))がみられ、この典型的な病変によって角膜ヘルペスと診断がつきます。
 完全には治りにくく、いったん軽快しても再発しやすい特徴があります。また、再発をくり返していると角膜に濁りが残り、視力が低下していきます。
[治療]
 抗ウイルス薬のアシクロビル眼軟膏(がんなんこう)がよく効きます。ほかにIDU点眼薬も有効です。角膜炎を何度も再発して視力が著しく低下しても、角膜移植手術(「角膜移植とアイバンク」)で治る可能性がありますので、眼科専門医に相談してみてください。

出典 小学館家庭医学館について 情報

単純ヘルペス角膜炎(角膜ヘルペス)の関連キーワード単純ヘルペス結膜炎目の主要な症状アイバンク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android