コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博山女王 はくさんじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

博山女王 はくさんじょおう

1750-1798* 江戸時代中期,直仁(なおひと)親王の王女。
寛延3年生まれ。宝暦2年(1752)臨済(りんざい)宗の尼門跡(もんぜき)寺院,京都の林丘(りんきゅう)寺をつぎ,門跡となる。寛政元年桃園天皇の養女となり,9年音羽御所と称した。寛政9年12月15日死去。48歳。幼称は八十宮。法号普門院

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

博山女王の関連キーワード親王

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android