コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卞和 ベンカ

2件 の用語解説(卞和の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べん‐か〔‐クワ〕【卞和】

中国、春秋時代楚(そ)の人。山中で得た宝玉の原石を楚の厲王(れいおう)に献じたが信じてもらえず左足を切られ、次の武王のときにも献じたが、ただの石だとして右足を切られた。文王が位につき、これを磨かせると、はたして玉であったので、この玉を「和氏(かし)の璧(たま)」と称した。のち、趙(ちょう)の恵文王がこの玉を得たが、の昭王が15の城と交換したいと言ったので、「連城の璧」とも称された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

べんか【卞和】

中国、戦国時代の楚の人。粗玉あらたまを楚の山中に得、厲王に献じたがただの石だとされて左足を切られ、次の武王には右足を切られた。文王が位につくと、和は粗玉を抱いて哭こくすること三日三晩。文王の問いに、疑われたことを悲しんでいるのだと答えた。文王は粗玉を磨かせてみると果たして立派な璧たまであった。この璧を「和氏かしの璧」といった。またのち、趙王がこの璧を所有し、秦の昭王が一五の城と交換しようと言ったので、「連城の璧」ともいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の卞和の言及

【涙】より

…また,古代メキシコの神ショロトルは友の死を悲しんで泣くあまり,涙で両眼が流出してしまった。悲憤の末に涙が尽き,血の涙を流したのは楚人の卞和(べんか)である。彼が見つけた宝玉は認められず,欺いた罰として両足を切られ,彼はその玉を抱いて楚山の麓で3日3夜哭泣しつづけて,ついに血涙を流したという(《韓非子》)。…

※「卞和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

卞和の関連キーワード春秋時代和氏の璧宰予春秋十二列国鍾子期荘王孫呉子有曽参老莱子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone