連城の璧(読み)れんじょうのたま

精選版 日本国語大辞典「連城の璧」の解説

れんじょう【連城】 の=璧(たま)[=宝(たから)

(しん)の昭王が一五の城と交換したいと申し入れた、(ちょう)の恵文王の所蔵していた和氏(かしのたま)。転じて、またとない宝物をいう。連城
経国集(827)二〇・白猪広成対策文「連城之宝猶称瑕」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android