連城(読み)レンジョウ

  • れんじょう ‥ジャウ
  • れんじょう〔ジヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 多くの城をつらねること。また、つらなる城。
※菅家文草(900頃)一・奉呈田別駕答之中、有恐作冬雷開蟄促之句「君憐百里聞無外、我利連城照有余」 〔史記‐主父偃伝〕
※経国集(827)一四・石决明詞〈布瑠高庭〉「胎珠光未顕、誰識重連城
※俳諧・芭蕉葉ぶね(1817)「左もあらん人々みがかば連城ともなりぬべきを」 〔曹丕‐与鍾大理書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連城の関連情報