コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卯太郎 うたろう

1件 の用語解説(卯太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

卯太郎 うたろう

1843-1873 明治時代の農民。
天保(てんぽう)14年生まれ。北条県貞永寺村(岡山県鏡野町)の総代。地券発行,徴兵令,解放令など一連の明治政府の施策に反対し,明治6年5月26日数万人が参加し,美作(みまさか)(岡山県)地方のほとんどをまきこんだ一揆(いっき)(血税一揆)を指導した。軍隊による鎮圧後,同年7月2日処刑された。31歳。美作出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

卯太郎の関連キーワード老農浅野長厚井口忠左衛門香取権兵衛木下俊愿塩野倉之助平良真牛高井喜三郎松浦栄横田英夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone