印刷ワニス(読み)いんさつワニス(英語表記)printing varnish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印刷ワニス
いんさつワニス
printing varnish

印刷インキのビヒクル (展色剤) に使用されるワニス類の総称。おもに亜麻仁油を適度の粘度にしたもので,きり油,大豆油などを原料に用いるものもある。粘度に応じて号数をつけているが,粘度の低いものから 00,0と呼び,中間のものを8,7,6,5,高いものを4,3,2,1,最も固い凹版印刷などに使用するものは号外などと呼んでいる。凸版や平版印刷では,3~5号をよく使うが,最近の多色刷りのセットインキは無調整で使えるようになっていて,合成樹脂タイプのビヒクルとなっているので,今ではあまり使用しなくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の印刷ワニスの言及

【スタンド油】より

…乾燥性はボイル油に劣るが,乾燥すると光沢および弾力性のある平滑な塗面を与える。石版ワニス,印刷ワニス,焼きワニス,濃化油などとも呼ばれる。【内田 安三】。…

※「印刷ワニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android