きり油(読み)きりゆ(英語表記)tung oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

きり油
きりゆ
tung oil

「とうゆ」ともいう。ぎりの種子から得られる代表的乾性油。塗料,リノリウム油紙,唐傘などの製造に利用される。主成分はトリエン構造をもつα-エレオステアリン酸で,約 60~80%を占める。乾性油の中では比較的乾燥性,反応性が高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

きり油
キリユ
tung oil

アブラギリの種子から圧搾法によって得られる乾性油.主産地は中国で,日本でも産する.中国種のものを支那きり油または単にきり油,日本種のものを日本きり油といい,前者のほうがやや乾燥性にすぐれている.主成分はエレオステアリン酸およびオレイン酸グリセリドで,有毒成分も含有するので食用にはならない.ペイント,ワニス,油紙,油布,リノリウムの製造などに用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android