コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印銀 いんぎん

1件 の用語解説(印銀の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いんぎん【印銀】

佐渡一国内での通用を目的として1619年(元和5)につくられた銀貨。佐渡は銀の大生産地であったから,通用銀をつくらないと上銀の抜荷(ぬけに)をおさえることができなかった。上銀6分に銅鉛4分の比率で混入したもので極所(きめしよ)で徳・通・定・印の判が打たれた。相場は市中で1両に62匁ほどであった。最初つくられたのは800貫,慶安の吹替えで1926貫に達したが,1761年(宝暦11)に廃止され文銀が通用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

印銀の関連キーワード試掘権占有権両津維持飼料公共施設牧草地経営体プルサーマル発電佐渡山田村善兵衛天窓(トップライト)研究公開促進費

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

印銀の関連情報