吹(き)替え(読み)フキカエ

デジタル大辞泉の解説

ふき‐かえ〔‐かへ〕【吹(き)替え】

貨幣や金属器具などを鋳なおすこと。改鋳。
歌舞伎の早替わりなどで、両役が同時に舞台に出るとき、一方をその俳優に似せた他の俳優が演ずること。また、その身代わりの俳優。
映画やテレビなどで、あるシーンだけ俳優の代役を務める人。替え玉。スタンドイン。
外国映画などのせりふを自国語で吹き込むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふきかえ【吹替え】

演劇・映画用語。(1)歌舞伎では,早替りの場合や,1人で演ずる他の役が同じ場面に同時に出るときなどに,他の役者(多くの場合下級役者)あるいは小道具人形に同じ衣装・鬘(かつら)を着けさせて替玉にすること。また替玉の人および人形をもさしていう。いかに本物らしく見せ演技するかによって芝居の効果を高める。小道具としては,死骸や投げおとされる人など,またそれまで実際に用いていた物を壊す場合などに細工物の吹替えを使う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android