コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危険の分散

保険基礎用語集の解説

危険の分散

危険の集中に対立する概念です。保険事業にあっては、大数の法則が示す確率からの偏差をなるべく少なくするためには、多数の同質の危険を引受けることが望ましいが、それには限界があるところから、他社から再保険を引受けることによって、実質的な件数の増加を図っています。また、自社からも交換的に出再保険することが多いです。このように同質の危険にかかわりのある保険契約をできる限り多く引受けるか、再保険取引を通じて同様の事態がつくり出され、同質の危険による大きな危険集団が形成されれば、危険の分散が図られることになります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

危険の分散の関連キーワード兵庫県立コウノトリの郷公園マーチャント・バンクユーロ・クレジット年金投資基金信託分散処理システム引受シンジケート再保険の交換危険の分担原子力保険輪栽式農業航空保険間接投資危険団体損害保険畑作農業株式会社会社輪作

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

危険の分散の関連情報