コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危険の分散

1件 の用語解説(危険の分散の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

危険の分散

危険の集中に対立する概念です。保険事業にあっては、大数の法則が示す確率からの偏差をなるべく少なくするためには、多数の同質の危険を引受けることが望ましいが、それには限界があるところから、他社から再保険を引受けることによって、実質的な件数の増加を図っています。また、自社からも交換的に出再保険することが多いです。このように同質の危険にかかわりのある保険契約をできる限り多く引受けるか、再保険取引を通じて同様の事態がつくり出され、同質の危険による大きな危険集団が形成されれば、危険の分散が図られることになります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

危険の分散の関連キーワード単生保険私保険人保険単独海損道徳的危険ハザード公保険危険の選択元受保険料普通保険

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone