コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即得往生 ソクトクオウジョウ

デジタル大辞泉の解説

そくとく‐おうじょう〔‐ワウジヤウ〕【即得往生】

念仏行者が命を終えるとただちに極楽浄土往生すること。真宗では、真実信心が得られたそのときに往生が定まるとする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そくとくおうじょう【即得往生】

〘仏〙 浄土門の語。浄土宗では、 阿弥陀仏を信じて念仏を唱えれば、生が終わるとき直ちに極楽に往生できると説く。それに対して浄土真宗では、信心を得たとき、生きながら往生が確定すると説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

即得往生の関連キーワード浄土真宗阿弥陀仏浄土門浄土宗極楽念仏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android