コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厘取り/釐取り リンドリ

デジタル大辞泉の解説

りん‐どり【厘取り/×釐取り】

江戸時代の年貢徴収方法の一。石高に租率を掛けて算定する方法。関西で多く行われた。厘付け取り。→反取(たんど)り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

厘取り/釐取りの関連キーワード反取り反取

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android