コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧民金鑑 ぼくみんきんかん

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくみんきんかん【牧民金鑑】

江戸時代農政に関する法令集。22巻。1853年(嘉永6)成立。編者は幕府代官荒井清兵衛顕道(1814‐62)。地方(じかた)支配に精通していた編者が,後進の代官執務の便宜のために,長年にわたって収集した法令・書付達書(たつしがき)・伺書(うかがいしよ)を,御代官心得,御取箇(おとりか),新田,検地など93項目に分類整理したもので,農政の実情を知るための好資料である。1935年滝川政次郎校訂で上下2冊本が刊行され,69年復刊。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧民金鑑
ぼくみんきんかん

江戸時代の地方(じかた)支配関係法令集。荒井顕道(あきみち)(清兵衛)編。1853年(嘉永6)成立。22巻。小普請(こぶしん)方から出て、幕末期には陸奥(むつ)国(福島県)棚倉(たなくら)、甲斐(かい)国(山梨県)市川の代官となった編者が、後進代官の執務の便に供する目的で編集したもの。江戸初期から嘉永(かえい)年間(1848~54)までに発布された御書付(おかきつけ)、御達書(おたっしがき)をもとに、そこから地方支配に必要な法令、先例、慣行、史実などを抜粋して集録している。構成内容は、御代官心得方、諸伺書、陣屋、諸入用、手附(てつき)手代(てだい)、場所替、巡見使、村役人、村役人心得方をはじめとし、公事(くじ)方心得方、越訴(おっそ)、博奕(ばくえき)など、田制、租法、司法、刑法の各分野の合計93項目にわたっている。[飯島千秋]
『滝川政次郎校訂『牧民金鑑』上下(1969・西田書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

牧民金鑑の関連キーワード荒井顕道地方書村役人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android