コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厘取 りんどり

世界大百科事典 第2版の解説

りんどり【厘取】

厘付取ともいう。また釐取,釐付取とも書き,〈りつけどり〉とも読み,高取ということもあった。江戸時代の徴租法の一種で,検地により定まった石高に租率(幾つ何分何厘)を乗じて租額を決定することを厘付,厘割あるいは免付,この徴租法で年貢を徴することを厘取または厘付取,村別に年々の厘付を記した帳簿を厘付帳といった。関東に多い反取(たんとり)法に対して,厘取法は関西で多く行われた。【松尾 寿】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

厘取の関連キーワード厘付け石代納反取り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android