コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厘付取 りんつけどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厘付取
りんつけどり

厘取 (りんどり) ともいう。江戸時代の年貢徴収方法の一つ。とは租米 (年貢米) の率を意味し,またとも呼ばれた。石高に免を乗じて租米額を算出することを厘取また厘割といい,この方法で貢租を徴収することを厘取また厘付取といった。もっぱら上方で行われた方法で,関東では石高の代りに田地反別を基礎とした徴収方法の反取が普通であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りんづけどり【厘付取】

江戸時代、厘付により年貢を徴収すること。主として関西の田地に行われた。厘取。 → 反取たんどり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の厘付取の言及

【厘取】より

…厘付取ともいう。また釐取,釐付取とも書き,〈りつけどり〉とも読み,高取ということもあった。…

【厘取】より

…厘付取ともいう。また釐取,釐付取とも書き,〈りつけどり〉とも読み,高取ということもあった。…

※「厘付取」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

厘付取の関連キーワード厘取・釐取反取・段取

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android