厘毛(読み)りんもう

精選版 日本国語大辞典「厘毛」の解説

りん‐もう【厘毛】

〘名〙 金銭の単位としての。ごくわずかの金額、また、ほんの少しのにいう。いささか。わずか。
※浮世草子・世間侍婢気質(1771)四「親子三人我勢者(がせいもの)にて厘毛も世帯を見せず」
学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉二「此権利にては地頭も百生も厘毛の軽重あることなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「厘毛」の解説

りん‐もう【厘毛】

厘と毛。転じて、きわめてわずかなこと。ほんの少しの金額。「厘毛の狂いもない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android