原口 鶴子(読み)ハラグチ ツルコ

20世紀日本人名事典の解説

原口 鶴子
ハラグチ ツルコ

明治・大正期の心理学者



生年
明治19(1886)年6月18日

没年
大正4(1915)年9月26日

出生地
群馬県一宮町

旧姓(旧名)
新井 鶴子(アライ ツルコ)

学歴〔年〕
日本女子大学校英文学部〔明治39年〕卒,コロンビア大学

学位〔年〕
Ph.D.〔明治45年〕

経歴
明治40年米国コロンビア大学に留学、実験心理学、教育心理学、一般心理学を学ぶ。45年日本女性初のPh.D.(哲学博士)を取得。同年留学生仲間の原口竹次郎と結婚。帰国後、まもなく病にかかり、母校で試みつつあった実験も半ばで死去した。著書に「心的作業及び疲労の研究」「楽しき思出」、訳書にゴルトン著「天才の遺伝」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

原口 鶴子 (はらぐち つるこ)

生年月日:1886年6月18日
明治時代;大正時代の心理学者
1915年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android