原型炉(読み)げんけいろ(英語表記)prototype reactor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原型炉
げんけいろ
prototype reactor

新型の原子炉を開発する途中の段階で,その炉型で最終目的が達成できるかどうか,たとえば発電用であれば実際に発電ができるかどうかを確認するために建設する原子炉のこと。その型の炉建設のためのデータを得る実験炉に次ぐもので,原型炉の段階では性能や安全性の確認がおもに行なわれ,経済性は重視されていない。経済性を確認するためにつくる炉は実証炉と呼ばれるが,工学的には原型炉と大きな違いはない。出力は実用炉よりも小さい 10万~20万 kW程度に抑えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんけい‐ろ【原型炉】

原子炉の開発において、発電用施設としての性能を確認したり、大型化することが技術的に可能かどうか評価したりするために、実験炉の次に建設・運転される原子炉。原型炉で得られた成果をもとに実証炉が建設される。→もんじゅ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の原型炉の言及

【原子炉】より

…一般工業分野でいうパイロットプラントに相当する。原型炉ある型の原子炉の原型になる原子炉。あるいは一連の同一炉型の原子炉のうち最初に作られたもの。…

※「原型炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原型炉の関連情報