コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子朗 はら しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原子朗 はら-しろう

1924- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。
大正13年12月17日生まれ。日夏耿之介(こうのすけ),吉田一穂(いっすい)らに師事。昭和25年「詩世紀」創刊に参加。「文芸首都」編集同人,のち「山の樹」「風」同人。60年「石の賦」で現代詩人賞,平成5年「宮沢賢治語彙辞典」で宮沢賢治賞。書家としても知られる。立正女子大教授をへて早大教授,のち昭和女子大教授。長崎県出身。早大卒。著作はほかに「幽霊たち」「文体序説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

原子朗の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎実験映画ビダールビッチ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原子朗の関連情報