コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田一穂 よしだ いっすい

8件 の用語解説(吉田一穂の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉田一穂

詩人・評論家。北海道生。名は由雄。早稲田大学中退。横光利一・小島昴等と交わり、在学中より詩作を始める。のち新聞各紙にエッセイや詩を発表した。『吉田一穂』等がある。昭和48年(1973)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐いっすい【吉田一穂】

[1898~1973]詩人。北海道の生まれ。本名、由雄。短歌から詩に転じ、第一詩集「海の聖母」で認められた。他に「故園の書」「未来者」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉田一穂【よしだいっすい】

詩人。本名由雄(よしお)。北海道生れ。早稲田大学中退。《日本詩人》などに詩と詩論を発表。最初の著書は童話集《海の人形》。次いで第1詩集《海の聖母》,〈ポエジー〉に流れるのではなく,様式と構造とをあくまで意識的に選択することを試みた散文詩集《故園の書》を刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田一穂 よしだ-いっすい

1898-1973 大正-昭和時代の詩人。
明治31年8月15日生まれ。大正15年第1詩集「海の聖母」,昭和16年詩論集「黒潮回帰」を刊行。北海道の風土を土台にした象徴派の詩風をしめす。詩誌「新詩論」「反世界」を主宰。昭和48年3月1日死去。74歳。北海道出身。早大中退。本名は由雄。著作に詩集「稗子(はいし)伝」,詩論「古代緑地」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしだいっすい【吉田一穂】

1898‐1973(明治31‐昭和48)
詩人。本名は由雄。北海道に生まれ早大英文科中退後,はじめは短歌,やがて佐藤一英のすすめで詩作に専念。当時流行の自由詩による根拠のないポエジーを退け,文章形態による濃密な様式と構造を重視した作品を発表して,いちはやく福士幸次郎北原白秋らに激賞された。昭和詩史の中でも最も難解とされる代表詩集《黒潮回帰》(1941),《古代緑地》(1958)の標題にも象徴されるとおり,一穂の詩魂は北海道の凍(い)てつく風土感覚を土台にした〈原地球精神の回復〉におかれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしだいっすい【吉田一穂】

1898~1973) 詩人。北海道生まれ。本名は由雄。早大中退。浪漫的な詩風から、現実否定の反俗的な傾向を強くして、独自の形而上的な純粋詩を作る。詩集「海の聖母」「未来者」、散文詩集「故園の書」、詩論「黒潮回帰」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田一穂
よしだいっすい

[生]1898.8.15. 北海道,木古内
[没]1973.3.1. 東京
詩人。本名,由雄。早稲田大学英文科中退。初め短歌をつくり,『吉田一穂歌集』 (1913~19) を刊行。その後,親友佐藤一英にすすめられて詩作に入り,新象徴詩集『海の聖母』 (26) が北原白秋に認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田一穂
よしだいっすい
(1898―1973)

詩人。北海道上磯(かみいそ)郡に生まれる。本名は由雄(よしお)。早稲田(わせだ)大学英文科中退。同人誌『聖暗』に短歌を発表して片上伸(かたかみのぶる)に認められる。1924年(大正13)5月、最初の著書として童話集『海の人形』を刊行。26年11月第一詩集『海の聖母』、30年(昭和5)3月散文詩集『古園の書』を世に送り、特異な方法論をもった詩人としての地位を確立した。さらに36年12月刊行の詩集『稗子伝(はいしでん)』において、「俳句の弁証法的構造に厳密な比率の構成をみた三行詩」を試み、この自我宇宙確立の三行詩は、40年から5年の歳月をかけてつくられた15章の絶唱『白鳥』に結晶した。「掌(て)に消える北斗の印。/……然(け)れども開かねばならない、この内部の花は。/背後(うしろ)で漏沙(すなどけい)が零(こぼ)れる。」(『白鳥』I)。ほかに詩集『未来者』(1948)、詩論集『黒潮回帰』(1941)、『古代緑地』(1958)などがある。[窪田般彌]
『『定本 吉田一穂全集』全三巻(1979・小沢書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田一穂の関連キーワード池田大伍遅かれ早かれ繁野天来小田観蛍左川ちか佐分利信正富汪洋由雄元太郎吉田十四雄和田徹三

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田一穂の関連情報