コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子燃料公社 げんしねんりょうこうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子燃料公社
げんしねんりょうこうしゃ

原子力基本法および原子燃料公社法に基づき,原子炉燃料の開発と自主生産技術の確立を目指して 1956年8月 10日に発足した資本金全額政府出資の特殊法人。 1959年には日本で初の金属ウラン生産に成功し,国産イエローケーキの精錬に乗り出した。また 1966年2月には,プルトニウム燃料開発室でプルトニウム酸化物のペレットづくりに成功したほか,海外にウラン資源調査団を派遣したりして数多くの成果をあげたが,1967年 10月2日に特殊法人の動力炉・核燃料開発事業団が創立されたのに伴い,これに吸収された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

原子燃料公社【げんしねんりょうこうしゃ】

動力炉・核燃料開発事業団

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

原子燃料公社の関連キーワード小川 芳樹原子力産業原 玉重BNFL人形峠動力炉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android