動力炉(読み)ドウリョクロ

化学辞典 第2版の解説

動力炉
ドウリョクロ
power reactor

核分裂に伴う発熱を熱源として動力に用いることを主目的とする原子炉.動力利用目的から発電用,船舶推進用,プロセス空気用,宇宙船推進用などに分けられ,それぞれの目的に合った炉心構造をもつ.動力炉は熱中性子炉に属するものと,高速中性子炉に属するものの二つに大別できる.熱中性子炉にはガス,水,融解塩などの冷却方式が,高速中性子炉には液体金属とガス冷却方式がある.[別用語参照]加圧水型動力炉沸騰水型動力炉研究用原子炉

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動力炉
どうりょくろ
power reactor

電力や動力の生産を主目的とする原子炉。普通は発電用原子炉をさすが,原子力船の舶用炉,宇宙空間で利用する原子炉も含まれる。現在,全世界で運転中の動力炉のほとんどは発電用であり,炉型としては沸騰水型 BWRと加圧水型 PWR軽水炉主流になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どうりょく‐ろ【動力炉】

〘名〙 電気などの動力の取り出しを目的とする原子炉。発電用原子炉、艦船の推進用原子炉など。一般の研究炉(研究用原子炉)と区別していう。〔原子力発電(1956)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の動力炉の言及

【原子炉】より

…実験炉ある炉型が実際に建設・運転できることを確かめ,これを実用化するのに必要なデータを得るための原子炉。原子炉開発には20種以上の実験炉が建設されているが,動力炉として実用化したのはそのうち数種にすぎない。一般工業分野でいうパイロットプラントに相当する。…

※「動力炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android