コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原文化 げんぶんかUrkultur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原文化
げんぶんか
Urkultur

文化圏説の方法論に基づいて W.シュミットが構成した原始文化史の原段階のこと。シュミットの考えによれば,この文化は人類始原の文化に最も近いものである。いわゆるピグミー,ブッシュマン,南東オーストラリア先住民,古アジア諸族エスキモーなどの文化をその例にあげた。原文化の特徴としては採集狩猟経済,男女の分業と同権,単婚家族,原始至高神の信仰などがあげられ,これより高度の文化を第1次文化,第2次文化,第3次文化の段階に分けて体系化した。第1次文化の農耕,牧畜,大狩猟の3経済形態は,原文化の内的発展によって出現したと考えられていた。今日では,このような文化体系は現実にそぐわないため崩壊している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

原文化の関連キーワードシャイアン族弘仁貞観文化原始一神観一条天皇藤原文化文化領域鎌倉彫刻国風文化巨勢派森律子藤原岳岡本潤長沙

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原文化の関連情報