コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化圏説 ぶんかけんせつ

2件 の用語解説(文化圏説の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

文化圏説【ぶんかけんせつ】

ドイツ,オーストリアの民族学者が中心となり20世紀初頭に唱えた文化史的学説。文化の空間的分布からいくつかの文化圏を考え,時間的前後関係からいくつかの文化層を設定することによって,記録をとどめていない人類の文化史を世界的規模のもとに再構成しようとしたもの。
→関連項目グレーブナー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんかけんせつ【文化圏説 Kulturkreislehre[ドイツ]】

民族学における学説の一つ。19世紀末に始まり,20世紀前半にドイツ,オーストリアにおいて盛んになったが,第2次世界大戦を境にして急速に没落した。19世紀後半には,ことにイギリスアメリカにおいて進化論的民族学が盛んであった。しかし20世紀初めに各国で,L.H.モーガンの《古代社会》などにみられる空想的思弁を克服し,民族誌的事実の分布状態などの客観的な根拠に基づいて着実に文化や民族の歴史を再構成しようという動きが始まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文化圏説の関連キーワード国立民族学博物館宗教民族学数理哲学地形学統計学文化人類学民族学二十世紀統一学校

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone