コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原林之助 はら りんのすけ

2件 の用語解説(原林之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原林之助 はら-りんのすけ

1857-1912 明治時代の実業家。
安政4年7月4日生まれ。初代清水喜助の孫。江戸の人。清水建設の前身である清水屋支配人。4代清水喜助をたすけ,清水建設の基礎をきずいた。明治45年4月22日死去。56歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

原林之助

没年:明治45.4.22(1912)
生年:安政4.7.4(1857.8.23)
明治期の建設業者。清水建設の創始者初代清水喜助の外孫。明治20(1887)年,清水建設の前身である清水店の支配人となり,最初の営業規定を定め,優秀な建築家や建築技術者を採用するなど近代的請負業の基礎を築いた。建設業の同業組合設立に尽力し,一貫してその地位向上に貢献した。<参考文献>清水建設百五十年史編纂委員会編『清水建設百五十年』

(松波秀子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原林之助の関連キーワード全国建設業協会清水喜助(初代)清水喜助(2代)清水釘吉清水康雄(1)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone